マタニティスイミングを始める!かかるお金やオススメ水着は?

スポンサーリンク


マタニティヨガでもマタニティビクスでもなくマタニティスイミングを選んだ訳

前回の記事で色々と調べたことを記載しましたが、上の子もいるので、通いやすいことが第一条件でした。

息子を保育園に送ったあと、そのまま車で行けて駐車場があるマタニティスイミングのあるジムがあったので、ここだ!と思ったのと、何より、スイミングのカロリー消費量を期待しました!(←妊婦さんにとっての必須項目かと!)

運動に慣れていなくても「浮力」でお腹に負担をかけず、日常生活では大きくなるお腹とのバランスを取るために反りがちな腰にも負担をかけることなく運動ができるスイミングはとっても魅力的です!

汗だくにならず、爽やかに運動ができるな〜なんて考えて楽しみになりました!

 

マタニティスイミングを始めるにあたり、産婦人科でかかるお金

マタニティスイミングはだいたいどこのスクールも妊娠16週以降の方が対象で、産婦人科での許可証と、承諾書が必要です。

私の通う予定のスクールはこんな感じです。

左:産婦人科で記入してもらう許可証

右:自分と夫の署名が必要な承諾書

 

産婦人科では、子宮口や子宮頸管のチェック、性病チェックをしたので、膣内エコー代と性病検査代が別途料金が発生。(16週以降は腹部エコーが基本のため)

性病の検査結果に1週間かかるので再度受診。異常がなかったのでこちらの許可証を描いてもらうのに料金が発生。

  • 膣内エコー+検査代・・・¥4.500-
  • 許可証記入代・・・・・・¥1.080-

 

マタニティスイミングでかかるお金

私の行くスクールのマタニティスイミングは週1回コースと週2回コースがあり、料金はさほど変わらないので週2回コースが人気のようでした。

  • 週1回・・・税込7,398円
  • 週2回・・・税込9,720円

マタニティスイミングはどこもだいたい1回2千円いかないくらいの金額のようですね!

その他に、マタニティ水着の用意と、ゴーグル、水泳帽が必須です。

用意するものが多いのはちょっと大変ですね。。。

 

オススメのマタニティ水着

マタニティ水着ってほとんど種類がないのですが、その中でもこの「ケラッタ」の水着は安くて半袖で冷え防止にもなって良いです。行っても5ヶ月程度なので、こちらが一番コスパも良くデザインもシンプルでオススメです。

カラバリもあり、間違いないブランドということで、少しお値段は張りますが人気があります。
中古でも気にならない方には、私はフリマアプリをオススメします。
メルカリは初回ダウンロード時にこちらのコード掲載で最大 10000円分のポイントが溜まるくじが引けます。
「WJHZJC」
メルカリは商品数が圧倒的に多いのでまずはメルカリを見てみることをオススメします。
ラクマは初回ダウンロード時にこちらのコード掲載で100Pがもらえます。
「p6mph」
100円引きで購入できるのでオススメです。
ラクマは商品数がメルカリに比べ少ないですが、手数料が安いため、出品者様がメルカリとラクマに同じものを出品している場合、メルカリより安く購入できる場合がありますので要チェックです。

スクールの見学に行ってみた〜1回の流れ確認〜

スクールの見学に行ってみました。

1回約1時間のレッスンですが、大体15分前に集合し、助産師さんによる、血圧、体重、浮腫み、お腹の張りのチェックから、胎動があるか、現在妊娠何週かなどのチェックがあります。

終わるとプールに移動し、シャワーを浴びたらいよいよプールへ入水!

インストラクターさんの他に、助産師さんも一緒に水に入ります。

  • 水の中を歩いたりストレッチのような動き
  • 潜る動き
  • バタ足
  • クロール
  • 背泳ぎ(浮き具を使う)
  • 歩く
  • アクアビクス
  • 呼吸法

こんな感じで1時間終了でした。

結構ハードなようですが、25メートル泳いだら25メートル歩いたり、程よく気持ち良さそうな感じでした。

 

次回第一回目

私の曜日は人数が少ないようなので、他の方にあまり迷惑をかけず先生に教えてもらいながらできるかな〜とワクワクしています!

夫がジムで使っていた水泳帽とゴーグルがあったので、マタニティ水着のみネットで購入し、次回楽しみに行ってきます!

 

スポンサーリンク