5歳児オオスカシバを育てたくてクチナシを買う!

スポンサーリンク


オオスカシバに魅了される

アゲハを育てることに飽きた?息子が次にハマったのは「オオスカシバ」

「蛾」ではあるが、この「オオスカシバ」は私達が想像する「蛾」とは雰囲気が違い、目がくりくりで、フォルムももふもふしていて可愛らしいいことからも昆虫好きの間では人気が高く、いろんなグッズも販売されているほどです!

ポケモン好きの間では、次こそ虫タイプのポケモンのキャラに出てくるのでは!?と噂され、ツイッターなどにオリジナルのポケモンキャラ(オオスカシバモチーフ)を投稿している人も多々。

昆虫図鑑などには「オオスカシバ」は羽化すると羽ばたいて鱗粉を全部落とし、透明の羽になる。という部分が大きく掲載されています。

グッズもたくさん売っている!

オオスカシバとの出会い

オオスカシバとの出会いは、我が家のマンションに植えられているツツジの前でした。

ホバリングをしながら花の蜜を吸っていたので、大きいハチ!?と思ったのですが、よく見ると図鑑で見かけたあの子だ!というわけで、息子氏(どちらかというと母)大興奮!

オオスカシバさんホバリングしているので観察しやすく、なんとなく捕まえやすいかな〜と網で一振り!失敗するとものすごい速さで逃げていき見失います。それもそのはず、時速50キロ以上で飛ぶらしいです。トンボのヤンマ系より早い。。。。

お友達が幼虫をゲットしていた

お庭にいろんな植物を育てているママが、「クチナシ」が丸坊主になった。多分オオスカシバの幼虫だ!と言って写真を送ってきてくれた。息子氏大興奮!!!ですが、これはお友達が育てるとのことで残念がる息子。ますます欲しくなり、毎日「オオスカシバ」を捕まえる!と虫捕りに出かけますがなかなか出会えないレアキャラ。。。。

しょんぼりしていた頃にお友達ママから連絡が!!!!

「もう一匹いた!餌はあげられないけどいる???」とのこと。餌がないならもう鉢植えを買うしかない!母はチャリを爆走させてお花屋さんに直行する

クチナシを買いにいく!

近くのショッピングモールの園芸店に行くも「うちには置いていません」。。。。結構大きいところに行ったのですが、「クチナシ」ってお花のシーズンでも意外とそんなに置いていないようです。もう一店舗行ってもなかったです。

ネットでも売っていますが、どこも送料がかかるため、どこにも売ってなかったら手を出そうと思っていました。

ホームセンターにも園芸コーナーがある!と思い、ユニディーに電話で在庫確認し、4号〜5号くらいのものが1点のみあるとのこと。ちなみに価格は980円。向かう途中の小さな町のお花屋さんをチラッと覗くと「クチナシ」があり、660円にて販売中!速攻で購入。(この値段、お買い得価格らしい)

植物を育てるのは小学校の頃のミニトマト以来なので、お店の人に育て方を聞きましたが、クチナシは暑さにも強く、育てやすいから大丈夫!と言われました。それよりも結構虫がつくから気をつけてください。ここも虫食いされてて、、、と商品のクチナシを見ると、ちょこちょこ虫食いがありました。まさか虫用に買うとはまさか思っていないであろう。。。

早速お友達ママに連絡し、オオスカシバの幼虫をもらい受けた!

結構小さめ3cmくらいの子なので、新芽のあたりに置くとむしゃむしゃ食べ始めた。

これから楽しみ!

続く!!

スポンサーリンク