幼稚園選び<すみれが丘幼稚園・2020年度募集要項・教育内容・口コミ>

スポンサーリンク


すみれが丘幼稚園よはどんな幼稚園?

すみれが丘幼稚園は横浜市鶴見区にあるこども園で

丈夫な身体と豊かな心を育成します

という教育目標を掲げています。

HPも随時更新しているので募集要項なども時期になればHPに掲載されます。

すみれが丘幼稚園HP

また、ブログを頻繁に更新しているので、園の雰囲気がとってもよくわかる幼稚園です。

基本的にお勉強系と言われる幼稚園ですが、おそらく「めんたるプレイ」という遊びながらお勉強ができるカリキュラムがあるからでは?と思います。

園庭が狭いので結果、園舎の中で遊ぶことが多くなっているのでは。。。とも思いますが、芋掘りやリトミック、水泳など体を動かす遊びももちろんあります。

2020年度募集要項

1.募集人員 

3年保育(3歳児)50名

2年保育(4歳児)なし

1年保育(5歳児)なし

今年は優先枠が15名程度だったので、一般枠は35名ほど。。

2020年度の倍率は1.1倍。ほぼ全員受かっているようですが、今年度はどこの園も園児が少ないようで、去年の実績からすると2倍まではいかないが補欠も多かったとのこと。

2.入園資格

平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれのお子様

3.願書配布

10/15(火)・16(水)・17(木)  10:00~16:00

3日間のみ、幼稚園事務所にて。

※1部300円 配布数に制限はありません。(並ぶ必要はありません)

4.入園説明会 (入園希望の方は参加必須)

10/21(月) 14:00受付 14:30開始(2時間程度)

※事前に入園案内の入手が必要です。

5.事前面接

10月時下旬の土曜に面接あり

面接時、検定料として5000円納入

親は別室でアンケートを記入し、その間20分ほど子供達5名ずつくらいで先生たちと遊ぶようです。

名前を聞かれたりしていましたが入る前大泣きしていても受かっている子もいますし、審査基準は不明です。

6.願書受付(入園手続き)

令和元年11月1日7:00~7:30

提出書類 入園願書、と入園準備費・教育環境設備費の(160000円)を納入。

7.利用者負担額

①利用料 無償

②入園検定料 5000円

③入園準備費・教育環境設備費 160000円(3歳児)

④教育充実費等月額かかる費用 6000円(3歳児)/月額(口座引き落とし)

⑤バス維持費 4600円/月額 (口座引き落とし)

⑥給食費 円/一食 その他飲み物代

⑦その他

・制服代 約46000円

・新入園児教材費 不明(入園後納入)

・前期分雑費 不明(4月納入)

・後期分雑費 不明(9月納入)

・雑費 遠足代(年中年長児)プール教室・お泊まり保育代(年長児のみ)などの実費

8.1日入園 

令和2年2月26日 14:30~(1~1.5時間程度)

9.入園式 

令和2年4月9日前後

10.保育時間(1号認定) 

月曜日から金曜日 9:00~14:00

月1回(原則として第四水曜)9:00~11:30

※学期の前後や行事などの関係で午前保育(11:30)になる場合があります。

※土日祭日はお休み、その他春休み、夏休み、冬休みあり

11.預かり保育

<横浜市型>

保育料金 無償(2号認定が降りた人のみ)

保育時間 7:30~18:30

・早朝プレイルーム:7:30~9:00

・保育後プレイルーム:保育後~18:30

ただし、園が休みの時や行事の都合で預かりができないことがある

・横浜市型預かりの場合 7:30~18:30

横浜市型預かりの場合の休園日 土日祝日・12/29~1/6・夏季休業中の土日を除いた5日間

※2020年は8/8(土)~8/16(日)は完全休園予定、2021年3/27~3/31は休み

<月極会員>基本的に仕事をしている方のみ

保育料金 時間によって異なりますが、9:00~18:00までの場合13250円

※朝8:00~9:00も預ける場合別途3550円

保育時間 保育後18:00まで(8:00~9:00までの早朝もあり)

・長期休業(夏休み)中の月額料金はかかりませんが、夏休み中に預けたい場合は1日あたりの利用料金がかかります。時間によって金額は違いますが、9:00~18:00までの最長時間で2650円となります。

<臨時預かり>

保育料金 円/時間(上限金額円/月額)

保育時間 8:00~16:00(特別な事情がある場合17:00まで)

12.保育時間内の特別活動

・体操教室(年中・年長児対象)

・リトミック(年少児対象)

・英語教室(年中・年長児対象)

・めんたるぷれい

年間20回程度とのことなので、週に何回というより、月に1、2回という感じなので、気持ち程度といった感じですね。

13.保育時間外の特別活動

・サッカー教室(毎週木曜日)

・体操教室(毎週木曜日)

・英語教室(毎週火曜日)

14.給食

週4回(月・火・木・金)水曜はお弁当持参

すみれが丘幼稚園のいいところ

①お弁当持参が週1回

仕出し弁当ではあるが、お弁当を作るのが週1回でいいというのはとってもありがたいです!

給食費・飲み物代が一食あたりの金額なので、休むことになり7:30までに連絡(アプリにて)すれば給食費がかかりません。

②水曜も午後まで保育

横浜市はなぜか水曜午前保育の園が多いので、水曜も14時まで保育している園は親にとってはありがたいです。

③連絡事項はアプリで連絡

アプリで連絡が来たり連絡できたりすることも多く、ありがたいです。もちろん紙ベースなものもたくさんありますが。

④先生の雰囲気が最高

園長先生は年配の女性の方で、名ばかり園長とは違います(結構名ばかり園長の男性の肩が多く、説明会に行っても子供の様子というか園についての経営面ばかり見ているような印象の方が多かったような。。。)子供が大好きな感じが伝わって来ます。

他の先生もとっても雰囲気がよく、すみれが丘の一番の良さは先生の質だと思います!

若い先生が多く、仕事がとっても楽しい!と言っているようで(知り合いが先生の友人だったw)働きやすく楽しい職場というのは園の雰囲気がよいと感じるので子ども達にとってとても良い環境だと思います。

⑤バス停は年度の園児によって追加されることが多い

毎年園児の住所によって少し変えてくれている印象です。

すみれが丘幼稚園のデメリット

悪い点でもないので、わたし的にちょっと・・・というところを敢えて挙げるとしたら。。。

①説明会が1回だけ!

説明会がなんと1回だけで、しかも願書配布後(願書はもちろん買っておかないとダメ)というところです。

普段の園児の様子も見れません。園の見学は不可です。

動物村という移動動物園のイベントが年に何回かとお祭り、園庭開放で園の中の雰囲気はわかりますが、園児の雰囲気はほぼわからないです。

②面接が11/1以前にあり、併願ができない

横浜市は11/1が願書受付日になっていますが、すみれは事前に面接があり、受かった子のみ願書を提出します。

願書の受付は11/1の午前7:00~7:30でその時に入園金等の16万を納入しないといけないので、他の園を受けたりすることが難しいです。

説明会にしろ、この面接制度にしろ、強気だな。。。と感じます。

③園舎が古い

園舎が古く狭いです。

園庭も狭いのであまり外遊びができない印象です。

④揃えるものが多い

制服もサスペンダーなどこまこまと揃えるものが多いのですが、

指定の靴まで。。。。

私立のようなきちんとした印象の園です

⑤手作り品が多い

ほとんどすべて既製品はできません。

なぜならすべて共布で作らなければならないからです。。。

レッスンバック、着替え袋大小、お弁当袋×2、コップ袋×2、マスコット(リュックや水筒につける名前入りキーホルダーのようなもの)、上履き袋、防災頭巾カバー

また、スモックや帽子、防災頭巾に共布を貼り付けなければなりません。

その他、フックをつけられるように制服に紐をつけたりスモックにボタンをつけたり。。。

とにかくこの園は裁縫が苦手なママにとっては恐ろしい園ですw

⑥バス待ち中テレビを見て待つ

バスは2台あり、それぞれ2便に別れるようですが、なんと2便の子達は1便の子達を家へ送っている時、部屋でテレビを見て待っています。これは在園児の保護者より何度か園へやめて欲しいと要望を出しているようですが、いまだに変わっていないところを見るとおそらく変わらないでしょうね。。。

役員について

4月に一回あり、自己紹介、係決めを行う。

とのことですが、そこまで大変そうなことはないようなイメージです。わかり次第追加します。

その他、みんなの幼稚園選びという口コミサイトをみると、実際通っているパパママたちのコメントが見れて参考になります。

すみれが丘幼稚園の口コミ

スポンサーリンク